【全米プロ】谷原&小平&勇太、午前組日本勢スコア落とし2日目ハーフターン

2017年8月11日23時31分  スポーツ報知
  • 第2ラウンド、15番でティーショットを放つ小平(ロイター)

 ◆米男子プロゴルフツアー今季メジャー最終戦第99回全米プロ選手権 第2日(11日、米クウェイルホローC、7600ヤード=パー71)

 晴天の下、第2ラウンドが始まった。午前スタート組の日本勢3人は、いずれもスコアを落としてハーフターンした。イーブンパーの25位で、10番からスタートした谷原秀人(38)=国際スポーツ振興協会=は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの37で前半9ホールを終え、通算1オーバーとなっている。

 25位スタートの小平智(27)=Admiral=は10番から出て1バーディー、6ボギーの41とスコアを落とし、5オーバーでハーフターンした。

 33位スタートで、1番から出た昨季の日本ツアー賞金王・池田勇太(31)=フリー=は1バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの41と崩れ、通算7オーバーと順位を大きく落として、前半9ホールを折り返した。

 初日を1アンダー、15位で発進した世界ランク3位の松山英樹(25)=LEXUS=は、12時55分(日本時間12日午前1時55分)にティーオフする予定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)