【全米プロ】松山英樹、14番を終え首位と3打差の3位に後退

2017年8月13日7時42分  スポーツ報知
  • 初のメジャー制覇を目指す松山英樹(ロイター)

 ◆米男子プロゴルフツアー メジャー最終戦 第99回全米プロ選手権第3日(12日・米クウェイルホローC、7600ヤード=パー71)

 首位で出た日本人初のメジャー制覇を狙う松山英樹(25)=LEXUS=は12日の第3Rで14番を終えて1バーディー、3ボギーとスコアを落とし3位に後退した。

 松山は1番でボギーを喫し、7番でバーディを奪い、1バーディー1ボギーのイーブンで折り返した。

 後半の12番、13番で痛恨の連続ボギーで14番を終えてトータルで6アンダー。首位と3打差の3位となった。首位はケビン・キスナー。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)