テレサ・ルーが通算10アンダーで首位ターン 畑岡奈紗は6打差10位

2017年10月8日12時31分  スポーツ報知

 ◆女子プロゴルフツアー スタンレーレディス最終日(8日、静岡・東名カントリークラブ=6589ヤード、パー72)

 最終組が前半をターン。首位でスタートした台湾のテレサ・ルーが1つスコアを伸ばして通算10アンダー。9番終了時点では首位をキープしている。

 1打差2位に韓国のイ・ミニョン。藤本麻子が7番から9番まで3連続バーディーを奪って、9番を終えた時点で通算8アンダーで2打差3位。3打差4位に吉田弓美子がつけている。上田桃子が14番終了時点で5つスコアを伸ばして4打差5位。

 ツアー史上2人目となる3週連続優勝を狙った畑岡奈紗は、11番を終えた時点で通算4アンダーで6打差10位。2年連続賞金女王のイ・ボミは13番を終えて通算イーブンパー。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)