石川遼、ショット乱れて出遅れ61位「ここからどう立て直していくか」

2017年10月13日7時0分  スポーツ報知
  • 第1日、6アンダー首位タイでホールアウトした小平智(左)は石川遼と握手を交わす
  • 11番、ティーショットを放ちコースを見つめる石川遼(右は小平智)

 ◆男子プロゴルフツアー・メジャー第3戦 日本オープン第1日(12日、岐阜・岐阜関CC東C=7180ヤード、パー70)

 2015年大会覇者の小平智(28)=Admiral=が8バーディー、2ボギーの64で回り、6アンダーで浅地洋佑(24)=フリー=と並んで首位発進した。ジュニア時代からしのぎを削る石川遼(26)=カシオ=と同組で戦い、初日は8打差で完勝。3月に結婚した08年賞金女王・古閑美保(35)の前で大会2勝目を果たし、賞金ランクトップ返り咲きを狙う。石川は2オーバーの61位と出遅れた。

 石川は乱れたショットを修正できなかった。出だしの1番は好ショットでバーディー発進したが「弱気な部分があった。自分を信じられなかった」と不安を抱えたまま回り、8番第1打で右にOB。痛恨のダボから立て直し切れず、フェアウェーキープ率は全体44位の50%。2オーバーの61位で国内復帰後最初のラウンドを終えた。

 それでも、米国で磨いたロブショットで魅了した。16番、残り約30ヤードのラフからの第3打。昨年12月から米ツアーの難コースを見据えて投入した64度ウェッジを振り抜いた。ボールは10メートル近く舞い上がり、ピンそば50センチにつけてナイスパー。「米国では2、3人が拍手してくれるだけ。信じられない。本当にうれしい」と声援に右手を振った。

 首位と8打差。大会初制覇へ、苦しいゴルフが続く。「米国でうまくいかなかった理由が伝わった。ここからどう立て直していくか」と日暮れまでショットの練習に励んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)