宮里優作、賞金王へ「チャンス。鬼の居ぬ間にね」前年覇者・松山不在にニヤリ

2017年11月9日7時30分  スポーツ報知
  • 調整する宮里優作

 男子プロゴルフツアーの三井住友VISA太平洋マスターズは9日、静岡・太平洋C御殿場C(7246ヤード、パー72)で開幕。賞金ランク3位の宮里優作(37)=フリー、写真=は8日、「賞金王へ一つ一つのショットが大事」と気合を入れた。次週は世界ランク4位の松山英樹(25)=LEXUS=が今季国内ツアー初登場。今大会は東北福祉大で後輩の前年覇者が不在のため「チャンス。鬼の居ぬ間にね」とニヤリと笑った。

 同1位のC・キム(米国)とは約1604万円差。この日のプロアマ戦では6番パー5で第2打を4アイアンで2メートルに2オンさせてイーグルを奪い「C・キムばりのいいショットだった」とライバル心を燃やした。前週は父・優氏(71)から腰の使い方をチェックされ「悪い状態ではないから、そのまま行ってくれ」と太鼓判を押された。アマ時代の2001年に2位、3年連続トップ10と好相性の大会。雪化粧の富士山の前で頂上を捉える。(岩原 正幸)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)