前半終え小平智らが首位…VISA太平洋マスターズ初日

2017年11月9日13時9分  スポーツ報知

 ◆男子プロゴルフツアー三井住友VISA太平洋マスターズ第1日(9日、静岡・太平洋C御殿場C=7246ヤード、パー72)

 第1ラウンドは、最終組が前半9ホールを折り返した。S・ハン(米国)、小平智、B・ケネディ(豪州)が6アンダーの首位に並んでいる。高山忠洋、黄重坤(韓国)、川村昌弘が1打差の4位に並ぶ。A・ブランド(豪州)、小林正則、朴相賢(韓国)らが2打差の7位で追う。

 08、15年大会王者の片山晋呉、賞金ランク3位の宮里優作が3アンダーの13位。昨季の賞金王・池田勇太、12年賞金王・藤田寛之、賞金ランク1位のC・キム(米国)は2アンダーの26位。10、12年大会王者の石川遼は2オーバーの69位、大会最多3勝の尾崎将司は6オーバーの84位となっている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)