賞金シード圏内へ58位・福田真未&61位・佐伯三貴が首位発進

2017年11月10日17時31分  スポーツ報知
  • 初日7アンダー65で首位タイに立った福田真未(9番ティー)
  • 佐伯三貴は18番でバーディパットを決め初日7アンダー65で首位タイに立った

 ◆女子プロゴルフツアー 伊藤園レディス第1日(10日、千葉・グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)

 第1ラウンドが行われ、賞金ランク58位の福田真未、賞金ランク61位の佐伯三貴がともに7アンダー65で回って首位発進を決めた。2打差の3位にフェービー・ヤオ。3打差4位には川岸史果、全美貞ら5選手が並んだ。逆転で11年連続の賞金シード権獲得を狙う佐伯は「あと2日間、上を目指して頑張りたい」と話していた。

 賞金ランク1位の鈴木愛と同2位で韓国のキム・ハヌルは同組でプレーした。3アンダー69で回って9位につけた鈴木は「後半はショットを修正できたので、明日につながると思う」。ハヌルは1アンダー71で回って22位。ハヌルは「日本のギャラリーは頑張れとか、ナイスショットとか、応援してくれるので本当に感謝しています。明日も頑張ります」。

 2年連続賞金女王で、大会3連覇を狙う韓国のイ・ボミは2オーバー74。首位と9打差の63位と大きく出遅れた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)