宮里優作、うなぎの名店で鋭気養い3位浮上 史上初の選手会長賞金王へ逆転Vだ

2017年11月12日6時0分  スポーツ報知
  • 6番、富士山をバックに林の中から第2打を放つ宮里優作。通算11アンダーで3位に浮上(カメラ・今西 淳)

 ◆男子プロゴルフツアー三井住友VISA太平洋マスターズ第3日(11日、静岡・太平洋C御殿場C=7246ヤード、パー72)

 10位で出た賞金ランク3位の宮里優作(37)=フリー=が7バーディー、2ボギーの67で回り、通算11アンダーで首位と3打差の3位へ浮上。「関所」と呼ぶ行きつけのうなぎの名店「うなよし」で英気を養い、強風の中で小技がさえた。勝てば選手会長として年間最多の4勝目で、賞金ランク首位に返り咲く。69で回ったスンス・ハン(31)=米国=が、14アンダーで初優勝に王手を掛けた。

 不規則な強風に苦戦する選手が多い中、優作がうなぎのように受け流してスコアを伸ばした。アプローチとパットで耐え、終盤3連続を含めこの日最多の7バーディー。「パットがすごく良くてスコアを呼んだね。(得意の)ショットは距離感を合わせるのが大変でした」と振り返った。

 4つのパー5で全てバーディーを奪取。3番と6番では、ともに残り38ヤードから59度のウェッジで50センチに寄せて伸ばした。「今週はあればかり練習しています。先週、藤田さんの練習を見ていたらイメージに合って参考にさせて頂きました」。ツアー通算18勝&12年賞金王の藤田寛之の左手首の使い方を注視して技を盗んだ。

 日本中を転戦しながら、ご当地グルメで英気を養っている。自ら「関所」と呼ぶ行きつけの店が各地に点在。10日夜は山梨・富士吉田市の「うなよし」でうな重に舌鼓を打った。「06年からの行きつけ。身が柔らかくておいしいんですよ。関所を通ったから今日はいいスコアが出たかな。先週、出遅れたのは大会中に関所を通らなかったからかな」と笑った。

 勝てば選手会長では92年倉本昌弘、01年片山晋呉の3勝を塗り替え年間最多の4勝目。賞金ランク1位のチャン・キム(米国)が前日に腰痛で棄権しており、約1600万円差を逆転する大チャンスだ。「残り4戦で2試合は優勝争いができれば。ここは相性のいい試合だと思ってる」。史上初の選手会長賞金王へ向け、3打差逆転Vに挑む。(榎本 友一)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)