谷原秀人「地球4周半」世界15か国・地域転戦で欧州ツアー賞金シード獲得

2018年1月7日15時0分  スポーツ報知
  • 昨年の日本シリーズJTカップでティーショットを放つ谷原

 男子プロゴルフの日本ツアー通算14勝の谷原秀人(39)=国際スポーツ振興協会=は2017年シーズン、欧州ツアーに主戦場を置き、世界15か国・地域を転戦した。「地球4周半」もの移動をしながら欧州ツアーの賞金シードを獲得し、10年ぶり2度目の海外メジャー、マスターズにも出場。自身初の年間4大メジャー全試合出場も達成。計26試合で約1億8216万1756円を稼ぎ出し、日本ツアー屈指のパット巧者は、日本の男子プロに新たな希望と可能性を示した。

 楽しそうな表情がとても印象的な1年間だった。谷原は昨年26戦に出場して、年間獲得賞金は自己最高の1億8216万1756円。年間未勝利ながら、17年日本ツアー賞金王の宮里優作選手会長(37)に67万226円差と迫る活躍だ。「充実はしているんですけど、感覚はルーキーですよね。今年はひたすらゴルフをしていた」と“旅人ゴルファー”は目尻を下げた。

 元々、海外志向は強い。05年米ツアーに参戦して06年全英オープン5位。日本屈指のパット巧者は、一昨年5月の日本プロで国内メジャーを初制覇して5年シードを獲得。17年は欧州ツアーに登録して主戦場を移し、計15か国・地域で大会に出場。関係者によると、総移動距離は「地球4周半」に匹敵するという。

 ほぼ毎試合、大会最終日の日曜日の夜には飛行機で次の大会会場へ移動。国境を越える長距離移動もあり、初めて回るコースの連続で体調よりも練習ラウンドを優先した。「時差もあるし、寝られるのは機内だけ。疲れは抜けないですね」。マスターズなど数試合には妻子も呼び寄せ、欧州ツアー転戦生活を満喫した。

 39歳。世界舞台で向上心をかき立てられた。「芝も違うし、いろんなコースを回るのが楽しい。良い勉強になる。うまくまとめられたら戦えるんじゃないかな」と手応えもつかみ夏以降、ショットの精度を高めるためにスイング改造に着手。ヘッドスピードと飛距離は伸びた。「1ミリでも1センチでも良くしたい。クラブを握らない日がないですね。常にうまくなりたいだけ。自己満足ですよ。もっとできると思えばやった方がいいんじゃないかと思う」。未知なる世界の舞台で戦うことで、ゴルフへのあくなき探求心は刺激されてきた。

 今年もほぼ同じ日程で海外転戦を予定。「コースは覚えたので、昨年よりも1日は休めるのが大きいと思う。つかみ取れたら」。青木功、松山英樹に続く日本男子3人目の欧州ツアーVを狙う。(榎本 友一)

 ◆谷原の18年出場予定

 ▽1月11~14日 欧州&アジア対抗戦ユーラシアカップ(マレーシア・グレンマリーG&CC)

 ▽同18~21日 欧州ツアー、アブダビ選手権(UAE・アブダビGC)

 ▽同25~28日 欧州ツアー、ドバイ・デザート・クラシック(UAE・エミレーツGC)

 ▽2月1~4日 欧州ツアー、メイバンク選手権(マレーシア・サウジャナG&CC)

 ▽同8~11日 欧州ツアー、ISPSハンダ・ワールドスーパー6(豪州・レークカリーニャップCC)

 ◆谷原 秀人(たにはら・ひでと)1978年11月16日、広島・尾道市生まれ。39歳。12歳からゴルフを始め、瀬戸内高から東北福祉大を経て2001年にプロ転向。03年のマンダムルシードよみうりオープンで初優勝し、16年は日本プロなど自己最多3勝を挙げ、賞金ランク2位となるなど日本ツアー通算14勝。12~14年平均パット1位。178センチ、80キロ。家族は元アイドルのココナッツ娘。の妻・絢香さんと1男。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)