小平智、マスターズ出場逃しても「いつかチャンスはある」

2018年1月11日17時52分  スポーツ報知

 米男子プロゴルフツアーのソニー・オープンに出場する小平智(28)=Admiral=、宮里優作(37)=フリー=らが開幕前日の10日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(7044ヤード、パー70)でプロアマ戦に臨み、本番に備えた。

 昨季日本ツアー賞金王の宮里、同2位の小平は海外メジャー、マスターズ(4月5日開幕・米ジョージア州)出場資格の一つだった昨年末の世界ランク50位を巡り明暗が分かれた。12月中旬のインドネシア・マスターズで4位となった宮里が土壇場で50位に滑り込み、小平は圏内から51位に押し出された。

 3月25日の世界ランク50位以内でも、同様に出場資格を得られる。「去年のうちに決められなかったのは悔しい」と話す小平は、今大会後はシンガポール、ミャンマーで日本ツアー2大会に臨み、2月はオーストラリアのISPSハンダ・ワールド・スーパー6パースへ。3月も海外遠征の予定で「もし今年出られなくても僕はまだ20代。いつかチャンスはある」と言いながらも手を尽くす構えだ。

 一方、マスターズ切符を喜んでいた宮里は「もう気持ちは切り替えた」ときっぱり。今年は積極的に海外に出る意向で「今週は得意なコースではないが、とにかく頑張る」と気を引き締めた。今大会は片岡大育(29)=日立キャピタル=、今平周吾(25)=レオパレスリゾートグアム=、小鯛竜也(27)=フリー=も出場。世界ランク5位の松山英樹(25)=LEXUS=は出場しない。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)