石川遼、関西オープン9年ぶり出場「本当に久しぶりですね」

2018年5月16日16時2分  スポーツ報知
  • 10番、ティーショットを放ち打球を見つめる石川遼

 男子プロゴルフツアーの関西オープンは17日から4日間、兵庫・小野東洋GC(7124ヤード、パー72)で行われる。9年ぶり出場の石川遼(26)=カシオ=は16日の練習ラウンド後、「本当に久しぶりですね。今週はティーショットとセカンドがキーになる」とショットの復調具合をポイントに挙げた。

 前週のメジャー初戦、日本プロ選手権ではドライバーショットがばらつき、34位に終わった。「試合が続いていて、今は悪い方向に行っている。体調は問題ないので、ドライバーの課題をクリアにすること」と、スイング時に体が開く癖の修正を最優先とする。

 石川にとって、2008年のツアー外競技(滋賀GC)時代にプロ初Vを飾った思い出の大会だ。小野東洋GCは11年の日本プロ選手権(12位)で経験しており「チャンスホールもあるのでスコアを伸ばせたら」と意気込んだ。「来週、再来週も試合が続く。先につながるように取り組んでいきたい」と、内容にこだわる姿勢を示した。予選ラウンドでは、昨年覇者の今平周吾、アマチュアの蝉川泰果(興国高校)と同組で回る。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)