ツアーデビュー戦の小滝水音が2打差の2位 単独首位は森田遥

2018年6月8日18時10分  スポーツ報知
  • サインを求められるも共同会見に出るためファンに謝りながらクラブハウスに戻る小滝水音(カメラ・石田 順平)

 ◆女子プロゴルフツアー宮里藍サントリーレディス 第2日(8日、兵庫・六甲国際CC=6525ヤード、パー72)

 日米ツアー通算24勝の宮里藍さん(32)の名前が冠されて初めての大会は梅雨空の下、予選ラウンドが終了した。

 64をマークしたツアー1勝の森田遥が、通算13アンダーで単独首位に立った。プロとしてツアーデビュー戦の小滝水音(みお)が2打差の2位。比嘉真美子、前週ツアー通算18勝目を挙げた大山志保が10アンダーの3位に並ぶ。

 昨年の日本女子アマ女王のアマチュア・安田祐香(滝川二高3年)、木戸愛、ツアー13勝の有村智恵、アン・ソンジュ(韓国)が9アンダーの5位。勝みなみ、菊地絵理香、テレサ・ルー(台湾)、岡山絵里、ジョン・ジェウン(韓国)が8アンダーの9位。

 この日が22歳の誕生日のささきしょうこ、仲宗根澄香、永井花奈が7アンダーの14位で追う。原英莉花、キム・ハヌル(韓国)は3アンダーの42位。15、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)、三浦桃香は2アンダーの54位でギリギリ予選を通過した。前週、海外メジャーの全米女子オープン40位となって帰国参戦した葭葉ルミは、2オーバーの99位で予選落ち。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)