比嘉真美子、通算5勝目に王手 デビュー戦の小滝水音は3打差の5位タイ

2018年6月9日16時55分  スポーツ報知
  • 12番、バーディーパットを外す安田祐香(カメラ・石田 順平)

 ◆女子プロゴルフツアー 宮里藍サントリーレディス第3日(9日、兵庫・六甲国際CC=6525ヤード、パー72)

 日米ツアー通算24勝の宮里藍さん(32)の名前が冠されて最初の大会は夏晴れの中、第3ラウンドが終了した。賞金ランク2位の比嘉真美子が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算14アンダーで今季2勝目となる通算5勝目に王手を掛けた。木戸愛が1打差の2位。

 昨年の日本女子アマ女王のアマチュア・安田祐香(滝川二高3年)、岩橋里衣が2打差3位に並ぶ。同5勝の笠りつ子、宮田成華、通算13勝の有村智恵、プロとしてツアーデビュー戦の小滝水音(みお)、森田遥が11アンダーの5位で続いた。

 10、11、14年賞金女王のアン・ソンジュ(韓国)、成田美寿々は10アンダーの10位で追う。前週ツアー18勝目を挙げた大山志保、勝みなみは9アンダーの14位。原英莉花、新垣比菜は5アンダーの31位。昨年大会覇者のキム・ハヌル(韓国)は4アンダーの36位。15、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)は2アンダーの48位。三浦桃香は1オーバーの62位となった。上田桃子は過少申告で失格となった。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)