富士急ハイランドで「進撃の巨人」とリアル死闘…期間限定アトラクション誕生

2017年5月22日14時0分  スポーツ報知
  • 半球体スクリーンの映像と座席の動きが連動する「進撃の巨人 THE RIDE」

 富士急ハイランド(山梨・富士吉田市)に人気アニメ「進撃の巨人」をテーマにしたアトラクションが誕生した。半球体形の巨大スクリーンに精密な動きをする座席が連動。危機に直面した人間と巨人との死闘を大迫力で体験できる。

 人間を餌とする「巨人」が突如現れた世界。人類は巨大な壁を築いて侵入を防ぎ、平和を保っていた。だがある日、壁が壊され、巨人が次々と襲来。青年戦士エレンは捕食され巨人化したが、人類のため、仲間と一緒に他の巨人と戦う。

 富士急ハイランドの新アトラクション「進撃の巨人 THE RIDE~トロスト区奪還作戦~」は、ざっとこんなストーリー。富士急行宣伝部・金子泰樹係長は「原作を知っている人はもちろん、あまり予備知識がない人でも十分に楽しめます」とPRした。

 シートベルトを着けて座ると、座席が上がり、足が床から浮く。やがて上下左右それぞれ約180度を包み込む半球体構造で直径20メートルのスクリーンに「進撃の巨人」の世界が映し出される。飛行訓練にも使われるほど精密に動く座席は映像に連動。巨人が歩くのに合わせて揺れ、人間が「立体起動装置」で自在に飛び回る動きに応じて急浮上&急降下する。突風が吹いたりして臨場感も抜群。隣に座った女性は「怖い」「キャー」を連発していた。

 ほかにも、「360。VRシアター『哮(こう)』」では、同じ世界観をヘッドマウントディスプレーで体感できる。超大型巨人が床を突き破って出現したかのような「1/1リアルスケール」は必須の撮影スポット。ショップ「兵団購買部」では人気NO1で1枚150円のポストカードをはじめとした「進撃の巨人」グッズを多数そろえる。賛否両論を呼んだ話題作と、富士の麓の人気遊園地とのコラボは、来年5月6日までの期間限定となっている。(武山 雅一)

 ◆メモ 「進撃の巨人 THE RIDE―」はフリーパスと別途1000円。富士急ハイランドの入園料は大人1500円。入園料+アトラクション乗り放題のフリーパスは5700円。中高生、こども料金やその他料金の詳細はホームページかTEL0555・24・6711。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
趣味その他
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)