【有井なつ実の勝負ありぃ!!】「パチスロ獣王 王者の覚醒」(サミー)

2017年6月16日7時0分  スポーツ報知
  • 見事に1044枚獲得した有井なつ実

 サンテレビ「P・style TV」(金曜・深夜1時)のMC担当・有井なつ実(25)が、スロットで持ち前の“引き強”ぶりを発揮した。大阪・なんば千日前の人気ホール「123難波店」で相まみえたのは「パチスロ獣王 王者の覚醒」(サミー)。2度目の初当たりでART「サバンナチャンス」に突入させ、血湧き肉躍った激闘の結果は―!?

 じっとり汗ばむ毎日。キャバリアとトイプードルを飼う愛犬家のなつ実ちゃんは「キャバリアは雨でも外でお散歩をさせないといけないので」と、この時期は大変そうだ。犬は暑さにも弱く「この前、かき氷を食べさせたら、ティラノサウルスのように食らいついてました(笑い)」。最近は犬の入店OKの焼き肉店もあるそうで「犬用の食事も用意されていて。うちの子、食いしん坊なんですよ」。人間も、肉でスタミナを補給したい季節だ。

 今回の機種は、その「肉」が鍵を握る「獣王」最新作。ビッグボーナス(以下BB)で「肉」を多く獲得し、チャンスゾーンやARTへ突入させるのが王道パターンだ。「王者の覚醒」は初打ちというが、ART「サバンナチャンス(略称サバチャン)」の心躍る名曲BGMを聞かせてほしい。

 そんな記者の願いはすぐにかなった。開始44Gでリズムフラッグ演出から「押せ」の指示が出て、あっさりV。BBを獲得した。「適当に打っていたら当たりました! 何がアツかったんですかね?」と驚いた。

 このBBは204枚で終わり、ARTにはつながらなかったが、終了後の14回転目でチェリーが出て再びBB。こちらは初代獣王(2000年発表)を模した期待度50%の「獣王モード」に移り、レインボーに輝く「A」が止まって「サバチャン」をゲットした。「初打ちなので分かりませんが、自力の引きでしょう!」と鮮やかな“連チャン劇”を喜んだ。

 このサバチャンがBBを絡めて伸びた。「獣玉」を5つ集めて最初に臨んだ上乗せチャンス「ビーストアタック」ではゴリラが大暴れして+60G。さらに25G、65G、20Gを加えていく。マシン下部にあるサバチャンマークの大きなボタンをプッシュする演出も多く「ブルブルと、むっちゃ震えます! これは心臓に良くない」と苦笑いしながらも、楽しそうだ。

 G数が切れて迎えた「ラストアタック」は、ART継続の“頼みの綱”になる獣玉が残り1個とあってオオハゲタカに敗れたが、見事に1044枚獲得。「即引き一気1000枚超え」という理想的パターンで大勝利を収めた。「体感的には2000枚出ていてほしい手応えでしたが、さすがに気持ち良かったです★」と笑顔。4月の「パチスロ牙狼―守りし者―」で記録した1097枚にはわずかに足らなかったが「先月のスロ実戦は大ハマリだったので、晴れやかにお店を後にできます!」。帰り道は“王者の行進”だった。

 ◆有井 なつ実(ありい・なつみ)1991年7月2日生まれ。25歳。大阪府出身。パチ&スロ歴6年。サンテレビ「P・style TV」(金曜・深夜1時)で毎週、MCを担当。オフィシャルブログ「the real me」やツイッターで近況を報告中。趣味は海外ドラマ観賞、カラオケ。3サイズはB86・W58・H88センチ。

パチンコ
今日のスポーツ報知(東京版)