将棋不正疑惑、第三者委の委員長に五輪エンブレム委員の元検事総長

2016年10月27日19時58分  スポーツ報知
  • 出場停止処分中の三浦弘行九段

 日本将棋連盟は27日、コンピューター将棋ソフトの不正使用疑惑に関連して三浦弘行九段(42)を出場停止処分とした問題で、第三者による調査委員会を設置したと発表した。連盟理事会によって決定した。

 委員長には、元検事総長で弁護士の但木敬一氏(73)が就任。但木氏は、旧案が盗作疑惑によって白紙撤回された2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを新たに選考する際、大会組織委員会が設置した「東京2020エンブレム委員会」の委員も務めた。

 今後、有識者らによるメンバーを組織し、処分の妥当性や三浦九段の対局中の行動などについて調査する。

 連盟は今月12日、三浦九段を12月31日までの出場停止処分としたが、三浦九段は不正行為を否定している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
将棋
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)