注目レース: チャレンジC・G3 カペラS・G3 阪神ジュベナイルフィリーズ・G1

【富士S】ロードクエスト、動き軽快!小島茂師「リラックスして走ってくれていた」

2016年10月20日8時0分  スポーツ報知
  • 軽快な走りで、万全の態勢を整えたロードクエスト(左)

 ◆富士S追い切り(19日・美浦)

 東京の土曜メイン・富士S(G3・芝1600メートル)に向け、ロードクエストが美浦のWコースで最終追い切りを行った。4ハロンから外アウトライアーズ(2歳500万)を7馬身、中ヌーナ(4歳500万)を4馬身追走。直線は最内に進路を取り、馬なりで4ハロン52秒7―13秒6をマーク。頭、ハナだけ届かなかったが、動きは軽快で好仕上がりだ。

 結果的に遅れる形にはなったが、自ら騎乗した小島茂調教師に不満の色はなかった。「今日はビュンとやるつもりはなかったので、追いつかなくていいと思っていた。馬の横で我慢できていたし、リラックスして走ってくれていた」。テーマとしていたコントロールの利く走りを確認して、むしろ満足げだった。

 前走の京成杯オータムHで、約1年ぶりとなる重賞2勝目。「NHKマイルC(2着)前はダービー(11着)のことを考えていなかったので目いっぱいに仕上げたが、成長しているぶん、体調、出来は今回の方が上。マイルCS(11月20日、京都)を見据えての仕上げとしては十分」。重賞連勝で堂々、G1に駒を進めるか。(西山 智昭)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)