馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【東京スポーツ杯2歳S】ムーヴザワールド 2戦目での重賞制覇はならず 首、鼻差の3着

2016年11月19日17時11分  スポーツ報知
  • 直線、懸命に叩き合う(左から)1着・プレスジャーニー、2着・スワーヴリチャード、3着・ムーヴザワールド

 ◆第21回東京スポーツ杯2歳S・G3(11月19日・芝1800メートル、東京競馬場、稍重)

 柴田善臣騎手が騎乗した2番人気のブレスジャーニー(牡2歳、美浦・本間忍厩舎)が直線で外から鋭く伸びて、3頭による叩き合いを首差で制して、10月のサウジアラビアロイヤルC・G3(東京)に続く重賞連勝を決めた。勝ち時計は1分48秒3。

 2着はスワーヴリチャード(四位洋文騎手騎乗)、鼻差の3着に1番人気のムーヴザワールド(クリストフ・ルメール騎手騎乗)が続いた。JRA移籍初戦となった札幌2歳Sの覇者トラスト(柴田大知騎手騎乗)は2番手追走から直線で一度は先頭に立ったが、外にもたれて伸びを欠き、5着に終わった。

 ルメール騎手(ムーヴザワールド=3着)「キャリアが浅く、まだ馬が若い。でも、能力は高い」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)