馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【マイルCS】2年連続2着のフィエロは6着

2016年11月20日17時56分  スポーツ報知
  • 6着に敗れたフィエロと戸崎騎手

 ◆第33回マイルCS・G1(20日・芝1600メートル、京都競馬場、良)

 3番人気のミッキーアイル(浜中騎乗)が逃げ切り勝ち。直線で外へ斜行し、1番人気のサトノアラジン(川田騎乗、5着)やディサイファ(武豊騎乗、10着)などが不利を受けて審議対象となったが、着順はそのまま確定した。同馬は14年NHKマイルC以来となる、2年6か月ぶりのG1制覇。2着に直線で伸びた2番人気のイスラボニータ(ルメール騎乗)が入り、3着は2番手から進めたネオリアリズム(ムーア騎乗)が粘った。

 戸崎騎手(フィエロ=6着)「雰囲気はよく、作戦通りにいきました。ただ、反応がひと息でした」

 福永騎手(ガリバルディ=7着)「枠が…。内へ入れるタイミングが全然なかった。状態はすごくよかっただけに残念です」

 シュタルケ騎手(マジックタイム=8着)「落ち着いていたが、春よりフォームがこぢんまりしていた」

 池添騎手(ロードクエスト=9着)「折り合いがついて、イメージ通りに運べた。ためるだけためて下りで合図を送ったんですが、ガツンと来なくて…。最後もじりじりとしか伸びてくれませんでした」

 岩田騎手(クラレント=11着)「ついていくのに苦労しました」

 アッゼニ騎手(ウインプリメーラ=12着)「理想の競馬はできたが、伸びはひと息でした」

 幸騎手(テイエムタイホー=13着)「行こうと思っていたんですが、周りが速くて…」

 小牧騎手(ダコール=14着)「マイルの流れに戸惑っていた」

 四位騎手(サンライズメジャー=15着)「先行したけど、G1の流れは甘くないね」

 大野騎手(スノードラゴン=17着)「いい位置で運べましたが、坂の下りでリズムを崩してしまった」

 Mデムーロ(サトノルパン=18着)「状態はよく、自信を持って臨んだが…」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)