【香港スプリント】レッドファルクスが国内最終追い切り 尾関師「しっかり動けていた」

2016年11月30日14時9分  スポーツ報知
  • 香港国際競争に向け、調整を行ったレッドファルクス

 ◆香港スプリント・国内最終追い切り(11月30日・美浦トレセン)

 12月11日に香港・シャティン競馬場で行われる香港国際競走の香港スプリント(芝1200メートル)に出走するレッドファルクスが30日、美浦トレセンで国内最終追い切りを行った。

 ウッドチップコースで単走。外めを通りながら一杯に追われ、力強く駆け抜けた。「先週はモタモタして追い付けなかったが、今日の動きはよかった。前半から少し速くなったが、その分スムーズに手前を替えて単走でもしっかり動けていた」と尾関調教師は納得の表情を見せた。

 昨年はサクラゴスペルで参戦(12着)し、2年連続出走となる香港スプリント。「去年のイメージだと、意外と輸送で減らなそう。基本的には環境の変化に動じないタイプなので」とトレーナーは経験を生かすつもりだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)