地方女性騎手シリーズ戦「LVR」第2Rは岩手の鈴木麻優騎手が1、2着でトップ

2016年11月30日20時14分  スポーツ報知
  • LVR名古屋ラウンド第1戦をキタノキャンパスで制し、笑顔で関係者と口取り式に臨む鈴木麻優騎手

 地方競馬の平地競走女性騎手5人によるシリーズ戦「レディスヴィクトリーラウンド(LVR)」の第2ラウンドが30日、名古屋競馬場で行われた。

 第1戦(10R、1400メートル)は岩手の鈴木麻優騎手がキタノキャンパスで1番人気に応えて逃げ切り勝ち。3着に高知の下村瑠衣騎手騎乗のエアマニングが入った。

 第2戦(12R、1600メートル)は愛知の宮下瞳騎手が騎乗したスリーネルソンが直線で力強く抜け出し、単勝1・5倍の支持に応えた。2着に鈴木麻優騎手騎乗のヘイゲル、3着に高知の別府真衣騎手のトーホウハンターが続き、女性騎手の上位独占となった。

 この日の名古屋ラウンドでは1、2着で17ポイントの鈴木麻優騎手が優勝。総合ポイントでもトップに立った。名古屋2位は12ポイントの宮下瞳騎手で総合でも2位。名古屋3位は7ポイントの別府真衣騎手(下村瑠衣騎手と同点だが第2戦の着順を優先)だった。

 鈴木麻優騎手「いい馬に乗せてもらったのもあるけど、名古屋は相性がいいなと思いました。悔しい思いをした盛岡のぶん、ここで挽回できてうれしいです。でも、気を抜かず、次につなげていきたいです」

 宮下瞳騎手「地元名古屋で最後の2戦目で勝つことができて本当にうれしかったです。息子たちに勝つところを見せられてよかったです。2位より上の1位を目指して佐賀で頑張りたいです」

 第2ラウンド盛岡を終え

 1位 鈴木麻優(20)=岩手=26ポイント

     (盛岡 9、2着 名古屋 1、2着)

 2位 宮下 瞳(39)=愛知=20ポイント

     (盛岡 5、7着 名古屋 6、1着)

 3位 木之前葵(23)=愛知=15ポイント

     (盛岡 8、1着 名古屋 7、9着)

 4位 別府真衣(28)=高知=13ポイント

     (盛岡 7、8着 名古屋 4、3着)

 5位 下村瑠衣(23)=高知= 9ポイント

     (盛岡 除外、10着 名古屋 3、7着)

 第3ラウンドは佐賀(来年1月9日)、第4ラウンドは高知(2月22日)で行われる。

 ※佐賀の岩永千明騎手は負傷療養中のため不参加

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)