馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

高知競馬で3分の1の騎手がインフルエンザ欠場 42頭が乗り替わり

2017年2月8日20時18分  スポーツ報知

 地方競馬の高知競馬で8日、インフルエンザの感染、疑いなどにより、騎乗を予定していた騎手7人が騎乗を取りやめた。

 8日現在、高知には期間限定騎乗を含む騎手23人が在籍。そのうち石本純也は骨折療養中で、中西達也は研修中のため不在。騎乗可能なジョッキー21人のうち、3分の1にあたる7人が欠場する非常事態となった。

 前日の7日には嬉勝則(うれし・かつのり=47)、塚本雄大(つかもと・ゆうだい=18)、中越琉世(なかごし・りゅうせい=18)が騎乗を取りやめ。8日には木村直輝(きむら・なおき=19)、下村瑠衣(しもむら・るい=23)、別府真衣(べっぷ・まい=29)、西森将司(にしもり・しょうじ=29)の乗り替わりが、新たに発表された。12レースで7人が騎乗予定の42頭が乗り替わりとなったが、レースは予定通り行われている。

 高知競馬の島田高志広報は「ここまで多くの乗り替わりは、今までなかったと思います。新たに感染者が出ないことを願うのみです」とコメント。高知競馬は4日後の12日に次のレース開催を予定している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)