注目レース: ダービー卿CT・G3 大阪杯・G1

【ファルコンS】1番人気ナイトバナレット11着に終わる 中谷「負けすぎです」

2017年3月18日17時25分  スポーツ報知
  • 11着に敗れたナイトバナレット

 ◆第31回ファルコンS・G3(3月18日・芝1400メートル、中京競馬場、良)

 3歳馬16頭によって争われ、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気のコウソクストレート(牡、父ヴィクトワールピサ)がゴール前で差し切って優勝。デビュー5戦目で重賞初制覇を決めた。管理する中舘英二調教師は、騎手時代の2000年(ユーワファルコン)、2005年(カズサライン)でファルコンSを制しており、騎手、調教師でのダブル制覇となった。

 2着は好位から直線で一度は抜け出した2番人気のボンセルヴィーソ(松山弘平騎手騎乗)、3着は先行策から内で粘った6番人気のメイソンジュニア(菱田裕二騎手騎乗)だった。1番人気のナイトバナレット(中谷雄太騎手騎乗)は出遅れが響き、11着に敗れた。

 中谷騎手(ナイトバナレット=11着)「負けすぎです。雰囲気は悪くなかったけど、直線で何もなかった」

 内田騎手(ジャッキー=12着)「ポジションを取りに行ったけど、詰まった。中団からでもよかったかな」

 江田照騎手(マンカストラップ=14着)「4コーナーでも手応えはずっと良かったし、勝ち馬を見て進められたが…。これからの馬ですよ」

 吉田隼騎手(レジーナフォルテ=15着)「距離ですね。ひと息で行ってしまった感じ。最後はガス欠になってしまった」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)