注目レース: ダービー卿CT・G3 大阪杯・G1

【中山新馬戦】世代ラストの新馬戦 エンパイアメーカー産駒のナスノカンザンがV

2017年3月19日12時55分  スポーツ報知
  • ナスノカンザン

 2014年生まれの世代最後の新馬戦が19日、中山4R(ダート1800メートル=16頭立て)で行われ、2番人気に推されたエンパイアメーカー産駒のナスノカンザン(牡3歳、美浦・小笠倫弘厩舎)が4馬身差で圧勝した。勝ち時計は1分58秒3。

 中団から4コーナーで手応えよく進出すると、残り200メートルで先頭に立ち、最後は流す余裕を見せて後続を引き離した。小笠調教師は「強かったですね。注文がつくところはないです」と笑顔を見せた。半兄ナスノセイカン(父ハーツクライ)は5勝を挙げ、重賞戦線で活躍中。「きょうだいもそうですが、緩さが残るなかで、この勝ち方。まだ緩さがあるので、成長を見ながら大事にしていきたい」と今後に期待を寄せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)