馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表

【阪神大賞典】武豊騎手騎乗のワンアンドオンリーは3番人気も7着

2017年3月19日17時38分  スポーツ報知
  • ワンアンドオンリー(武豊騎手)は7着

  ◆第65回阪神大賞典・G2(19日・芝3000メートル、阪神競馬場、良)

 天皇賞・春(4月30日、京都)の前哨戦となる阪神大賞典は、単勝1・1倍の圧倒的1番人気に推されたサトノダイヤモンド(クリストフ・ルメール騎手)が直線で堂々抜け出し、1馬身半差をつける貫禄勝ち。昨秋の神戸新聞杯から菊花賞、有馬記念に続く重賞4連勝を決めた。2着に2番人気のシュヴァルグラン(福永祐一騎手)が続き、さらに2馬身半差の3着に5番人気のトーセンバジル(四位洋文騎手)が入った。

 岩田騎手(マドリードカフェ=6着)「うまく運べました。休み明けのこの相手でもしぶとく頑張ってくれました」

 武豊騎手(ワンアンドオンリー=7着)「3000メートル、ずっと内にささっていた。かなりのロスでしたね」

 小崎騎手(トウシンモンステラ=8着)「1コーナーでポジションを取れなかったことがすべてです」

 川田騎手(レーヴミストラル=9着)「以前とは違う競馬とのことでした。自分から進んで行ってくれたのであの形になりました」

 丹内騎手(ウインスペクトル=10着)「自分の競馬はできましたが、さすがに相手が強かったです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)