注目レース: ダービー卿CT・G3 大阪杯・G1

【フラワーC】ファンディーナ5馬身差圧勝、無敗のまま重賞初制覇

2017年3月20日17時27分  スポーツ報知
  • フラワーカップ・G3 5馬身差で完勝したファンディーナ

 ◆第31回フラワーC・G3(3月20日・芝1800メートル、中山競馬場、良)

 3歳牝馬13頭によって争われ、岩田康誠騎手が騎乗した1番人気のファンディーナ(父ディープインパクト、栗東・高野友和厩舎)が4角先頭から、そのまま後続をちぎって、5馬身差の完勝。デビューから3連勝で重賞初制覇を果たした。

 2着は8番人気のシーズララバイ(柴田善臣騎手騎乗)、3着は逃げ粘ったドロウアカード(武豊騎手騎乗)だった。

 岩田騎手(ファンディーナ=1着)「思った以上に走ってくれた。期待通りに成長している。(直線入り口で)他馬と完歩が違うので、無理に抑えることなく行った。(距離は)延びてもどちらでも対応可能だと思う。レースに行ったらすごく言うことを聞いてくれる。次へ向けて期待の高まるレースをしてくれた。チャンスのある馬に乗せていただいたので、なんとか頑張りたいと思います」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)