【桜花賞】ライジングリーズンは8着 丸田「スムーズではなかったが、能力は感じた」

2017年4月9日17時38分  スポーツ報知

 ◆第77回桜花賞・G1(9日・芝1600メートル、阪神競馬場、稍重)

 3歳牝馬17頭(サロニカは出走取消)によって争われたクラシック開幕戦は、8番人気のレーヌミノル(父ダイワメジャー)が好位から直線で抜け出して快勝。G1初制覇を達成した。騎乗していた池添謙一騎手は2002年のアローキャリー以来、15年ぶり2度目の桜花賞制覇。本田優調教師は、騎手時代の2001年にテイエムオーシャンで制しており、騎手、調教師のダブル制覇となった。2着は3番人気のリスグラシュー(武豊騎手騎乗)、圧倒的な1番人気に推されたソウルスターリング(クリストフ・ルメール騎手騎乗)は勝ち馬から半馬身、首差の3着に終わり、デビュー5戦目で初黒星を喫した。

 岩田騎手(ディアドラ=6着)「外枠だったので、じっくりとしまいにかける競馬をしました。最後はよく伸びてくれましたし、頑張っていると思います」

 和田騎手(カワキタエンカ=7着)「大外だったし、中1週で気持ちも乗っていたので(ハナへ)。この馬なりに最後まで頑張ってくれています」

 丸田騎手(ライジングリーズン=8着)「スタートから少し選択肢の少ない競馬になってしまいました。スムーズではなかったけど、直線はしっかり伸びてくれて、ポテンシャルは感じることができました」

 北村友騎手(ジューヌエコール=9着)「休み明けを使って、前走より落ち着きがありました。スタート後の一歩目で強く手綱を持った(引いた)ぶん、向こう正面で力んでしまった。ただ、1600メートルでは手応えほど反応してくれない感じです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)