馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【皐月賞・ファンディーナの夢】<下>力強い動きに高野調教師自信「期待に応える義務がある」

2017年4月13日8時0分  スポーツ報知
  • ファンディーナは牝馬とは思えない力強い脚どりで坂路を駆け上がった

 ◆皐月賞追い切り(12日・栗東トレセン)

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(16日、中山)の追い切りが12日、東西のトレセンで行われた。栗東では69年ぶりの牝馬Vに挑むファンディーナが坂路で悪化した馬場を苦にせず、力強い動きで好調をアピールした。

 高野調教師は、69年ぶりとなる牝馬の皐月賞制覇に挑むファンディーナの最終追い切りを見届けた。その表情は一段と引き締まっていた。

 高野師(以下「高」)「馬主さん、生産者の方からも、この一族にかける相当な期待を受けています。僕たちはそれに応える義務があります。その義務に応えることが、ファンの期待に応えることにもなると思います」

 重圧と真正面から向き合えるのは、納得のいくステップを踏めたからだ。この日は栗東・坂路でインヘリットデール(3歳未勝利)を1馬身追走。かなり時計を要する馬場だったが、ラスト1ハロンで脚いろの鈍った僚馬を強めの仕掛けだけで置き去りにして3馬身先着。54秒5―13秒1の時計はこの馬場では上々だった。

 高「年明けから中3週で3回、輸送をして重賞も使ってきました。すでに仕上がっている状態。中間は調教でレベルアップしようというより、いい状態を保つようにやってきました。今日もやり過ぎることのないよう、いい調教をできました」

 気性の良さが持ち味だが、そこは牝馬。繊細なだけに、陣営は「維持」を念頭に調整を進めた。偉業を後押しする仕上げに、前日(11日)の調教で感触を確かめた岩田は力強くうなずいた。

 岩田「すごく落ち着きがありました。普段からおっとりしていて、冷静でかからない。そこが一番印象に強い。スピードもパワーもあり、名牝になれる器だと思っています」

 09年アンライバルド、10年ヴィクトワールピサで連覇して以来の皐月賞Vに挑む名手が、賛辞を惜しまない。

 残すはレースまでの微調整だけだ。

 高「歴史的なことは意識していません。自分の力を発揮できる状態に持っていく、その1点に集中しています。牡馬どうこうより、我々と馬との対話だけ」

 皐月賞の後は日本ダービー(5月28日、東京)を視野に入れているが、まずは牡馬クラシック1冠目に集中する。抜かりなく仕上げれば勝負になる。信じて送り出し、結果を待つ。(宮崎 尚行)

=終わり=

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)