【フローラS】ホウオウパフューム軽快…奥村武師、オークス出走の「権利を取れれば」

2017年4月19日12時22分  スポーツ報知
  • 田辺騎手を背にWコースで追い切ったホウオウパフューム(左)(右はイブキ)

 オークス(5月21日、東京)トライアルのフローラS・G2(23日、東京・芝2000メートル、3着まで優先出走権)に出走するホウオウパフューム(牝3歳、美浦・奥村武厩舎)が19日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。

 ウッドチップコースで田辺騎手が騎乗し、僚馬を追走。直線で内に入り、最後は併入した。奥村武調教師は「先週しっかりやっているので、息を整える程度。ジョッキーは『息は良くなっている』と言っていた。十分過ぎるほどやっているので、体はできている」と納得の表情を見せた。

 未勝利、寒竹賞と2連勝中。奥村武師は「子供っぽい体が引き締まり、サラブレッドらしい体になってきた」と成長を感じ取る。今回は初めての重賞挑戦となるが「勝ちたいに決まっているけれど、まずは(オークス出走の)権利を取れれば」と冷静に意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)