馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【セレクトセール】史上2位の5億8000万円! ディープ産駒の牡馬「イルーシヴウェーヴの2017」は“アドマイヤ”の近藤利一氏が落札

2017年7月11日13時4分  スポーツ報知
  • 5億8000万円の値がついたイルーシヴウェーブの2017

 セレクトセール2017(主催 一般社団法人日本競走馬協会)2日目は11日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで2017年に生まれた当歳馬のセリが午前10時から行われている。

 ディープインパクト産駒の牡馬、イルーシヴウェーヴの2017(母の父イルーシヴシティ)は、アイルランド産の母がフランス版1000ギニーのG1「プール・デッセ・デ・プーリッシュ」(芝1600メートル)など重賞を4勝した名牝。1つ上の全兄も昨年の当セールで2億8000万円の値が付いたことで注目されていた。

 1億円からスタートしたセリはあっという間に価格がつり上がり、最終的に5億8000万円で「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏が落札した。日本のセール史上、1位のディナシー(牝、父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリー=2006年セレクト当歳)の6億円に次ぐ高額での落札となった。これまでの2位は、ザサンデーフサイチ(牡、父ダンスインザダーク、母エアグルーヴ=2004年セレクト)の4億9000万円。

 近藤利一氏「オーラがあったし、どんなことがあっても欲しいと思っていた。5億円か6億円くらいと思っていたが、興奮して金額が分からなくなったのが正直なところ。品があって、どんなふうに育っていくのか楽しみ。ダービーを取るとか、凱旋門賞を取るとか、今のところそういうことは考えていない。無事に出走を迎えてほしい」

 友道調教師(管理トレーナー)「血統もすごいし、初めて下見で見た時から動き、馬体が1頭飛び抜けていた。2400メートルがバッチリだと思う」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)