馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【2歳勝ち馬診断】手先の軽いフットワークのスワーヴポルトス

2017年7月15日22時30分  スポーツ報知
  • 新馬戦に勝利したスワーヴポルトス(右)

 【スワーヴポルトス(牡、栗東・庄野靖志厩舎)、父クロフネ、母ビジャリカ、馬トクPOG指名者数107人】

 15日の中京5Rの2歳新馬(芝1600メートル、11頭立て)は、1番人気のスワーヴポルトス(牡、栗東・庄野靖志厩舎=クロフネ産駒)が2番手追走から直線で抜け出し、ゴール前で猛追してきたクアトレフォイルを頭差抑えて初陣を飾った。勝ちタイムは1分36秒8。

 Mデムーロは「走ることに真面目。調教ではダート向きかなと思ったが、走りが軽くて芝でも大丈夫だった」と話し、庄野調教師も「まだ子供っぽいがセンスがいい」と評価した。

 15年のセレクトセール当歳で2100万円(税抜き)で落札された馬で、馬体重は422キロ。クロフネ×ディープインパクト、いわゆるステファノス(天皇賞・秋2、3着)の逆配合だが、母の父ディープの影響が色濃く、手先の軽いフットワークが特徴だ。前半1000メートル62秒1のスローから、ラスト2ハロン11秒1―11秒3と一気にギアを上げるスキルも見せた。祖母リーサは南米チリのG1・2勝馬と血統背景も上々のレベルだ。

 北海道・ファンタストクラブの育成時から、「クロフネらしくない俊敏な動きをする」と一部で評判を集めた存在。父母ともコンパクトだったため、馬体はこんなものだろうが、どこまで登り詰められる器かは、今後の成長次第。2戦目は秋の阪神開催以降になる予定だ。(大上 賢一郎)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)