馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【マーキュリーC】1番人気のミツバが重賞初V 父カネヒキリに続く父子制覇を達成

2017年7月17日17時24分  スポーツ報知

 ◆第21回マーキュリーC・交流G3(7月17日・ダート2000メートル、盛岡競馬場)

 松山弘平騎手が騎乗した1番人気のミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎)が中団から直線で外から先行勢を差し切って優勝。デビュー30戦目で重賞初制覇を決めた。ミツバの父は2010年のこのレースの覇者、カネヒキリで、父子制覇を達成した。首差の2着は直線で内から伸びた2番人気のピオネロ(戸崎圭太騎手)、3着は2番手から叩き合いに加わった3番人気のクリノスターオー(幸英明騎手)で、人気を集めたJRA勢が上位を独占した。

 松山騎手(ミツバ=1着)「馬のリズムを一番に考えて、無理に急がせて、かかってしまっても仕方ないので、大事に乗ろうと思っていました。砂をかぶるのを少し嫌がるので、向こう正面でいつでも動ける位置を取れたのはよかった。3、4角で少しずぶくなりましたが、馬の力を信じていたので、しまいはいつも通りに伸びてきてくれました。ずっと乗せていただいている馬で重賞を勝ててうれしいです」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)