馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

【エルムS】地方馬オヤコダカは8着 石川倭「良馬場でやりたかった」

2017年8月13日18時3分  スポーツ報知
  • エルムSを勝ったロンドンタウン(中央)

 ◆第22回エルムS・G3(8月13日、ダート1700メートル、札幌競馬場、重)

 14頭によって争われたダート重賞、エルムSは、4番人気のロンドタウン(牡4歳、父カネヒキリ、栗東・牧田和弥厩舎、岩田康誠騎手)が直線での3頭の競り合いを制し、1分40秒9のコースレコードで優勝。JRA重賞6度目の挑戦で初制覇を決めた(交流重賞は今年2月に佐賀記念・G3を制している)。2着争いは先行した2頭の写真判定となったが、1番人気のテイエムジンソク(古川吉洋騎手)が2着。鼻差の3着には逃げ粘った8番人気のドリームキラリ(三浦皇成騎手)が入った。

 石川倭騎手(オヤコダカ=8着)「もう少し前で競馬をしたかったが、中央のペースなので。良馬場でやりたかった。ペースが勝負どころで上がっても、ついていけて、ばてない感じだったのは、今後につながると思う」

 丸山騎手(ラインハート=9着)「この馬としては頑張っている」

 勝浦騎手(モンドクラッセ=10着)「何とも言えないですね。初めてなので、状態面も含めて、ちょっと分からない」

 四位騎手(メイショウスミトモ=11着)「道中の感じはすごくよかった。3、4コーナーで、内か外か迷ったけど、外に行ったらクリノスターオーが下がってきて…」

 幸騎手(クリノスターオー=12着)「ちょっと今日はスピードに対応しきれなかった。もっと時計のかかる馬場の方がいい」

 坂井騎手(リーゼントロック=13着)「道中は雰囲気よく進んだけど、さすがに時計が速かった」

 左海騎手(タマモホルン=14着)「無理をしないで位置に行けたけど、力が足りなかった」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)