馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【阪神新馬戦】オルフェーヴルの全妹デルニエオール、最速34秒6の末脚で差し切る

2017年9月11日7時0分  スポーツ報知
  • オルフェーヴルの全妹デルニエオール(手前)がデビューV

 池江厩舎が管理する良血馬2頭が、前日(9日)の新馬(阪神・芝1600メートル)を勝ち上がったビリーヴの息子ジャンダルム(父キトゥンズジョイ)に続き、10日の阪神5、6Rの新馬でデビューVを飾った。池江厩舎は8月27日(小倉)の新馬(バブリーバローズ)から新馬戦出走機会4連勝となった。

 開幕阪神で池江厩舎の新馬3タテの最後を締めたのは6R(牝馬限定、芝1400メートル)のデルニエオール(父ステイゴールド)。1番人気に支持されたオルフェーヴルの全妹は、中団追走からまくり気味に上がっていき、直線では上がり最速34秒6の末脚で勢いよく差し切った。

 3コーナーで頭を上げるなどこの血統らしい難しさを見せたが、偉大な兄に続く好発進。兄の主戦も務めた池添は「4コーナーで早めに並びかけて物見したが、後ろから来たら来たぶんだけ伸びてくれた。体が小さいので成長してほしいが、スピード、反応、瞬発力はいいものを持っている」と素質の高さを評価した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)