馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【セントウルS】ラインミーティア、2着に食い込む!逆転でサマースプリントシリーズ王者

2017年9月11日7時0分  スポーツ報知

 ◆第31回セントウルS・G2(10日・芝1200メートル、阪神競馬場、良)

 サマースプリントシリーズ最終戦の第31回セントウルS・G2は10日、阪神競馬場で行われ、1番人気のファインニードル(Mデムーロ)が重賞初Vを決め、スプリンターズS・G1(10月1日、中山)の優先出走権を得た。2着にアイビスSD覇者のラインミーティアが食い込み、2位からの逆転でシリーズ王者に輝いた。同馬の馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円の褒賞金が贈られる。サマージョッキーズシリーズは、北村友一騎手(30)=栗東・フリー=が初優勝し、褒賞金100万円を手にした。

 アイビスSDなど千直巧者のラインミーティアが2着に食い込み、合計16ポイントで、シリーズ逆転Vを決めた。一昨年夏以降は直線競馬を中心に使ってきたが、1200メートルでも中団から差し込み、充実ぶりをアピールした。「ミルコ(ファインニードル)が詰まっていて進路をずらしたが、そのまま腹をくくっていれば、もっと際どかった」と西田は悔しがった。

 重賞連勝は惜しくも逃したが、次走に予定するスプリンターズSには視界が開けた。「シリーズ優勝は副賞みたいなもの。中団につけられて脚がたまり、内容がすごくよかった。よく走っている」と水野調教師は7歳馬の頑張りをたたえた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)