馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【ローズS】ファンディーナ秋始動戦!心身ともに充実

2017年9月12日6時0分  スポーツ報知
  • 秋の始動戦を迎えるファンディーナ

 ◆第35回ローズS・G2(17日、芝1800メートル・阪神競馬場)

 秋華賞(10月15日、京都)トライアル(3着まで優先出走権)のローズS・G2(17日、阪神)で、ファンディーナが始動する。牡馬相手の皐月賞で1番人気の支持を集めたが、7着に敗退。オークスに向かわずに夏場を充電に充て、満を持しての参戦。牝馬相手では負け知らずの“怪物”が、どのようなレースを見せるか。

 秋華賞の前哨戦と位置づけられるローズSの出走予定馬に樫の女王ソウルスターリングの名前はないが、桜花賞1、2着にオークス2、3着と、春の上位陣が集結。春の実績馬を相手に、これまで牝馬に先着を許した経験がないファンディーナが参戦してきた。

 デビューから、馬なりで5馬身差の圧勝を飾ったフラワーCまで、いずれもノーステッキで3連勝。“怪物級”の評価を受け、1番人気で挑んだ皐月賞は7着。牝馬Vを飾ることはできなかったが、レコード決着から0秒5差に踏ん張った。その後は体調を考慮してオークスを自重。今回が5か月ぶりの復帰戦となる。

 高野調教師「500キロ超の大型馬のうえ、今夏は暑さも厳しく、牧場で無理をさせませんでした。そのぶん正直、急仕上げですが、ここで100%に仕上げたくはないですから。でも栗東では常識的な本数をやれているし、体調はいいです」

 8月23日の帰厩後、栗東・坂路の速い時計5本で、55秒を切ったのは1回だけ。1週前も55秒3―13秒1とソフトだったが、全て予定通り。無理せず、あくまで照準は最後の1冠の秋華賞だ。

 岩田騎手「体は少しフックラしてるけど、いい意味で変わらない。春先より落ち着きがある」

 春先に比べると毛づや、カイバ食いともよくなっており、放牧で心身のリフレッシュは十分に図れたようだ。新馬戦の516キロから馬体重を減らし続け、前走の皐月賞が504キロだったことを考えれば、プラス材料だといえる。最後の1冠へ、怪物がどのような走りを見せるか。(宮崎 尚行)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)