馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【2歳勝ち馬診断】マイネルゆかりの種牡馬を重ねたマイネルファンロン…柴田大「今後もっと良くなる」

2017年10月10日22時10分  スポーツ報知
  • 未勝利戦に勝利したマイネルファンロン

 【マイネルファンロン(牡、美浦・手塚貴久厩舎)、父ステイゴールド、母マイネテレジア、馬トクPOG指名者数25人】

 7日の東京3Rの2歳未勝利(芝2000メートル、13頭立て)は、逃げた1番人気のマイネルファンロン(牡、美浦・手塚貴久厩舎=ステイゴールド産駒)が、2着ロゼフェニックスに4馬身差をつけて、デビュー2戦目で勝利を挙げた。勝ち時計は2分2秒3。

 柴田大は「初戦より気持ちが前向きになっていた。まだ体が緩い面があり、今後もっと良くなると思います」とコメントした。

 中山1800メートルの初戦は、鞍上の手綱が常に動きながらの追走。前進気勢に欠くイメージを持っていたが、一度使った今回はパドックから返し馬と気合の乗りが非常に早かった。スタートしてすぐ気持ちを前面に押し出す走りで先頭を奪った。メンバーレベルは高くなかったが、終始危なげない競馬だった。

 祖母がフラワーC勝ち馬マイネヌーヴェル(父ブライアンズタイム)で、ロージズインメイ、ステイゴールド…ゆかりの種牡馬を重ねた「ザ・マイネル」の結晶。血統表の字面通り馬力がありそうで、この日のような雨を含んだ馬場ならアドバンテージが大きい。(大上 賢一郎)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)