馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【秋華賞】リスグラシュー、坂路で抜群の動き!矢作調教師「メチャクチャよかった」

2017年10月12日6時0分  スポーツ報知
  • はじけるようなフットワークでラスト11秒9をマークしたリスグラシュー

 ◆秋華賞追い切り(10月11日、栗東トレセン)

 牝馬3冠最終戦の第22回秋華賞・G1(15日、京都)の追い切りが11日、東西両トレセンで行われた。G1・2着2回のリスグラシューは栗東・坂路で軽快にラスト11秒9と抜群の動きを披露した。

 躍動感に満ちあふれていた。リスグラシューは栗東・坂路で抜群の動きを見せた。坂井(レースは武豊)の騎乗で序盤から加速すると、勾配のきつくなる3、4ハロン目に入っても勢いが増していくばかり。坂井は軽く手綱を動かした程度だったが、最後まで軽快に52秒4―11秒9をマークした。

 「速いよ。55秒ぐらい(の予定)だったのに」と苦笑いで切り出した矢作調教師だったが、「動きはメチャクチャよかったと思う」とうなずいた。特にラスト1ハロン11秒9が優秀だ。ラスト11秒台は桜花賞の当該週(4月5日)に続く2回目だが、当時は併せ馬で55秒1―11秒8としまい重点の走りで叩き出したもの。今回は単走で平均的な加速から、ラストでトップスピードに入る理想的な走りに成長を感じさせた。

 前走のローズSはオークス組で最先着の3着。しかし、矢作師は首をひねる。「反応とかに休み明けを感じた。1度使われて変わってくるでしょう」。以前は使うたびにカイバ食いの細さを心配していたが、10日の時点で前走から10キロ増の446キロ。ひと夏を越した、肉体的な成長もある。

 阪神JF、桜花賞での2着など一線級相手に好戦を続けているが、2歳時のアルテミスS以来、勝利から遠ざかっている。「もう、それだけだよな」と言葉に力を込めたトレーナー。万全の状態で最後の1冠をつかみ取る。(山本 武志)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)