馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 福島

【マイルCS】エアスピネル、母もG1勝ちの京都で悲願達成だ

2017年11月14日6時0分  スポーツ報知
  • エアスピネルは6度目のG1挑戦で悲願達成を狙う

 ◆第34回マイルCS・G1(11月19日・芝1600メートル、京都競馬場)

 今年のマイルCSはG1馬4頭を含む重賞ウィナー15頭が参戦して大混戦ムード。例年以上に頭を悩ませる一戦となった。6度目のG1で初勝利を狙うエアスピネル、史上8頭目のスプリント&マイルの両G1制覇に挑むレッドファルクス、3年連続で参戦するイスラボニータの各陣営に迫った。

 G1・6度目の挑戦でエアスピネルが悲願達成へ挑む。前走の富士Sで重賞3勝目をマーク。昨年のマイルCSで2着のイスラボニータに2馬身差をつける完勝だった。

 笹田調教師「前哨戦としては、いい勝ち方。道悪(不良)で走った疲れを取って、調整は順調。1週前追い切りの動き(8日に栗東・坂路で53秒5―12秒4)も上々だった」

 天皇賞・秋に向かうプランがあったが、札幌記念(5着)後、マイル路線に戻して本領発揮。今回は15年デイリー杯2歳Sと17年京都金杯を勝ち、17年読売マイラーズC2着だった京都のマイル戦が舞台となる。

 中村助手「上積みが大きいので楽しみ。今までの結果から京都は合っている。坂の下りから加速できるのがいいのだと思う」

 主戦の武豊は8日の調教中に負傷。1週前追い切りに騎乗できず、先週のレースをキャンセルしたが、今週の復帰を視野に入れる。母エアメサイアがG1初勝利(05年秋華賞)を挙げた京都で、混戦のマイル戦線の頂点に立つか。(内尾 篤嗣)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)