馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【阪神JF】マドモアゼルが半馬身遅れも、斎藤誠調教師「余力を残して追った」と好感触

2017年12月6日13時59分  スポーツ報知
  • 美浦Wコースで追い切ったマドモアゼル

 ◆阪神JF追い切り(6日・美浦)

 阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日、阪神・芝1600メートル)に出走するマドモアゼル(牝2歳、美浦・斎藤誠厩舎)が6日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。

 ミッシングリンク(3歳1000万)を3馬身ほど追走。外を回った僚馬に半馬身遅れたが、馬体を併せてしっかり負荷をかけられたようだ。斎藤誠調教師は「余力を残して追った。騎乗した助手は『息はいいし、馬場が悪くても真っすぐ伸びていた』と言っていました」とうなずいた。

 7月に福島の1200メートル戦でデビュー(2着)。続く2歳未勝利(新潟・芝1400メートル)、りんどう賞(京都・芝1400メートル)と芝1400メートルで2連勝を決めている。

 斎藤誠調教師は「前走はしっかり勝ってくれた。1600メートルは初めてですが、前走後に(松田)大作(騎手)は『大丈夫』と言っていた。母の父がピヴォタルで短距離の馬ではないと思う。体は寸胴で詰まっていて距離は持たなさそうに見えるが、力強さでカバーできれば」と距離克服に意欲を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)