馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

【阪神JF・西山が見た】ロックディスタウン、2週連続併せ馬で攻めの姿勢貫いた! 

2017年12月7日6時0分  スポーツ報知
  • ロックディスタウン(手前)は併せ馬でしっかりと追い切った

 ◆阪神JF追い切り(6日、美浦トレセン)

 2歳女王に向けて、攻めの姿勢を貫いた。ロックディスタウンは美浦のWコースに入ると、ゴールドスミス(3歳1000万)を4馬身追走。直線では内からいっぱいに追われて4ハロン52秒4―12秒9。最終的に半馬身遅れたが、動きは力強く、迫力十分だった。佐竹助手は「先週は行きたがるところがあったが、しっかりやったことでガス抜きができたのか、今週は折り合いも良かったし、馬の後ろで我慢できたのも良かった」と納得の表情だった。

 1週前追い切りは3頭併せで6、5馬身突き放す圧巻の走り。今週は微調整と思っていたので、2週連続の併せ馬は意外だった。「獣医や調教師とも相談し、G1を使うのなら、もう一段階欲しいという状況でした。体が減っているわけではないし、それだけやれる状態だった」と佐竹助手は意図を説明した。

 この時期の2歳牝馬で当週にしっかり追えるのは調子が良く、またテンションが上がっていない何よりの証し。カイバを食べており、状態面は全く問題なさそうだ。

 新馬戦で2着に下したタイムフライヤーはオープン特別の萩Sを勝ち、京都2歳Sで2着。前走の札幌2歳Sでは牡馬を蹴散らして、13年レッドリヴェール以来、4年ぶりの牝馬Vを決めた。そのレッドリヴェールは新馬、札幌2歳S、阪神JFを勝ち、無敗で2歳女王に輝いた。今回、3か月ぶりとなるが、不安要素にはならない。「関東馬が3連勝しているので、それに続きたいという気持ちはありますが、まずは競馬まで無事に連れて行きたい」と佐竹助手は気を引き締めた。大物感あふれる東のオルフェーヴル産駒が、父に初G1のタイトルをプレゼントしそうだ。(西山 智昭)

 【ルメールに聞く】 ―ロックディスタウンの2連勝を振り返ってください。

 「新馬戦はパドックで立ち上がるなど、テンションが高かったが、いい瞬発力を使ってくれた。札幌2歳Sは逆におとなしく、乗りやすかった。ペースがあまり速くなかったし、エンジンがかかるのに時間がかかった。どちらも違う競馬ぶりだった」

 ―過去2戦を見ても、素質の高さを感じます。

 「2戦目で重賞を勝てたように、ポテンシャルはけっこう高い。キャリアが浅いのによく頑張った」

 ―ルメール騎手自身は15年メジャーエンブレム、16年ソウルスターリングと2連勝中。3連覇へ手応えはありますか。

 「他にもすごくいい馬が出てくるし、これまでとはメンバーが違う。それでもチャンスはあると思うし、楽しみ」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)