馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 中京

【京成杯 西山が見た】まるで古馬のような力強さ!デルタバローズ史上初2戦目での京成杯制覇狙う

2018年1月12日6時0分  スポーツ報知
  • 馬なりで好時計を出したデルタバローズ(手前)。キャリア2戦目での京成杯初Vを狙う

 ◆京成杯追い切り(11日・美浦トレセン)

 第58回京成杯・G3(14日、中山)の出走馬が11日、確定した。皐月賞と同じ舞台で行われる3歳重賞に、堀厩舎が1戦1勝のデルタバローズを送り込んできた。11日の美浦トレセンのWコースで上積みを感じさせる動きを披露。史上初の2戦目での京成杯制覇へ準備を整えた外国産馬の可能性を、西山智昭記者がコラム「見た」で分析した。

 まるで古馬のような力強い走りだった。デルタバローズは美浦・Wコースでソレイユドパリ(4歳1000万)を2馬身追走。直線で馬体を併せると、5ハロン67秒5―12秒8の好タイムを馬なりでマークして併入した。「順調に乗り込んできており、いい状態で出走できると思います」と森助手は胸を張った。

 京成杯はキャリア1戦の馬が勝ったことがない。10月に新馬勝ちして臨む一戦は一見ハードルが高いように映るが、「一回使ったことでコントロールが利くようになって、成長は感じます。馬体もひと回り大きくなったし、もともと完成度の高い馬」と森助手。今の厩舎の大将格、サトノクラウンもデビュー2戦目の東京スポーツ杯2歳Sで重賞初勝利を挙げており、「ここをクリアしてくれれば、選択肢が広がってくると思うので頑張ってもらいたい」と期待を込めて送り出す。

 デビュー戦はマイル。父がオールウェザー8・5ハロン戦の米G1ウィナー、イントゥミスチーフで血統的に短距離志向の強い米国産馬だが、「前走はすごく強い内容。好位につけて折り合い、最後までしっかり伸びていた。距離はやってみないと、というところもありますが、十分守備範囲だと思っています」と森助手に不安の色はなかった。勝率、1馬房あたりの勝利度数、獲得賞金、出走回数の4部門における総合得点で、昨年の関東1位に輝いた堀厩舎が送り出す期待馬だけに、キャリア1戦でも侮れない。(西山 智昭)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)