馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 小倉

【フェブラリーS】テイエムジンソクとコンビを組む古川、自身21年ぶりのG1制覇へ確かな手応え

2018年2月14日6時0分  スポーツ報知
  • テイエムジンソクとコンビを組む古川

 ◆第35回フェブラリーS・G1(2月18日、東京競馬場・ダート1600メートル)

 昨年5月からテイエムジンソクとコンビを組む古川は、昨秋からの進化を感じ取る。「一番良くなったのはトモ(後肢)の踏み込み。しっかりしてぎこちなさが出なくなり、前くに伝わるようになった。それで使える脚が長くなっている」とダート界のトップ級に成長した理由を説明した。

 デビュー2年目でいきなりG1初制覇した97年阪神3歳牝馬S(当時)から14年函館記念まで18年間でJRA重賞を4勝。ところが最近は、2月のきさらぎ賞(サトノフェイバー)など5か月間で同じ重賞4勝と勢いに乗る。「南井厩舎や木原厩舎とか、いつも乗せてもらっている厩舎にそういう馬がいた。巡り合わせだと思う」と冷静さは失わない。

 初のマイル、東京、芝スタートなど課題はあるが、「克服してもらうしかない。先週の火曜に乗ったけど、前走よりいいよ」と信頼を寄せる。自身21年ぶりのG1制覇へ確かな手応えをつかんでいる。(橋本 樹理)

 <13日・小倉競馬で騎乗停止処分もG1はセーフ!>

 古川吉洋騎手(40)=栗東・フリー=は13日の小倉競馬7Rでタガノジーニアスに騎乗した際、4コーナーで内側に斜行。これによりメイクミーハッピーがつまずいたため、同騎手は24日から3月4日まで9日間(開催4日間)の騎乗停止となった。

 小倉競馬が13日に代替開催されたことで、次開催の出馬投票(15日)までに2日間の不服申し立て期間が満了しないため、騎乗停止処分の始期は24日からとなった。フェブラリーSに出走予定のテイエムジンソクには騎乗可能となる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)