馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 小倉

【フェブラリーS】今月末で定年の目野調教師、ケイティブレイブで悲願のJRA・G1制覇を狙う

2018年2月14日7時0分  スポーツ報知
  • ケイティブレイブにJRA・G1初制覇の夢を託す目野調教師

 ◆第35回フェブラリーS・G1(2月18日、東京競馬場・ダート1600メートル)

 今月末で定年を迎える目野調教師が、ケイティブレイブで悲願のJRA・G1制覇を狙う。前走の川崎記念は逃げ切って、昨年の帝王賞に続く交流G1・2勝目をゲット。「勝てて良かった。前走後も元気がありすぎて困るくらい。悔いのない仕上げをしたい」とトレーナーは気合の入った表情を見せた。

 昨年のフェブラリーSは6着に敗れたが、今年はG1ウィナーとして府中の大舞台に戻ってきた。「東京のマイルは最後にピュッと追い込んでくる馬がいるから難しい。この馬らしく前に行って、そこを崩していきたい」と作戦を練る目野師。今回も小細工なしで前に行き、押し切る構えだ。

 今年に入ってからは、ナムラアラシでアルデバランS、ケイティクレバーで若駒Sとオープン特別を2勝し、追い風が吹いている。「頑張れ、頑張れと応援したら、どれも勝ってくれた。最後にこんなに勝てるとは思っていなかった」。変わらず魂を込めて熱いエールを愛馬に送り込む。

 火曜は栗東の角馬場から坂路で軽めの調整で済ませ、翌日の最終追い切りに備えた。「他に強い馬がいっぱい出ている。でも、ひと泡吹かせたい。そのつもりで今までやってきたんだ」と目野師は自信。15年6月の入厩から一度も放牧に出ずに走り続ける孝行息子が、勝って最高のフィナーレを演出するか。(内尾 篤嗣)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)