馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 小倉

定年まで5年を残し…二ノ宮敬宇調教師が今月いっぱいで勇退

2018年2月14日6時0分  スポーツ報知
  • 定年前に引退を決意した二ノ宮調教師

 エルコンドルパサーなど数々の名馬を育て上げた二ノ宮敬宇調教師(65)=美浦=が、今年の2月いっぱいで勇退することが13日、JRAから発表された。定年まで5年を残しているが、一身上の都合で厩舎を解散することになった。

 競馬界の発展に貢献してきた二ノ宮師はJRAを通して引退に至ったコメントを発表した。「これまで調教師会会長や、海外遠征等、十分な成果は得られませんでしたが、貴重な経験をさせていただきました。突然で申し訳ございませんが、65歳になり、外から競馬を見ようと思い、2月末で退職させていただきたいと思います」

 90年から開業した二ノ宮師は97年にデビューしたエルコンドルパサーとともにブレイクした。98年NHKマイルC、ジャパンCを優勝すると、翌99年には同馬で半年以上に及ぶフランス遠征を敢行。当地のサンクルー大賞で海外G1制覇を果たし、凱旋門賞では惜敗の2着。それまで日本馬がはね返されてきた世界の頂点に、あと一歩まで迫り、日本を代表するホースマンとしての地位を築いた。

 コンスタントに活躍馬を送り出してきたが、14年からは日本調教師会会長に就任。厩舎経営も含めて多忙な生活を送るなかでの激務から体調を崩したことも引退を考える理由のひとつとなった。昨年11月上旬にはJRA側に調教師免許を更新しない旨を伝え、厩舎スタッフにも定年前の引退を通知していた。今後の活動は未定だが、海外遠征の先駆者として存在感を示した二ノ宮師の功績は後世に受け継がれていく。

 ◆二ノ宮 敬宇(にのみや・よしたか)1952年9月5日、神奈川県生まれ。65歳。牧場勤務を経て橋本輝雄厩舎で調教助手を務めた後、90年に調教師免許を取得し厩舎を開業。初勝利は同年7月7日の福島3Rサーペンサカエ。94、98、02、10年(10年は関東3位)に優秀調教師賞に輝くなど、昨年まで13年連続でJRA重賞を制する活躍をみせた。JRA重賞はGI・6勝を含む30勝、海外重賞は2勝。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)