馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

【金鯱賞】引退レースのデニムアンドルビーは7着 角居師「長いこと頑張ってくれた」

2018年3月11日16時48分  スポーツ報知

 ◆第54回金鯱賞・G2(11日・芝2000メートル、中京競馬場、稍重)

 単勝1・6倍の1番人気を集めたスワーヴリチャード(ミルコ・デムーロ騎手)が差し切り勝ち。有馬記念(4着)以来の始動戦を勝利で飾り、重賞3勝目を挙げた。逃げてスローペースを演出したブービー8番人気のサトノノブレス(幸英明騎手)が半馬身差の2着に残り、3着は上がり最速で追い込んだ2番人気のサトノダイヤモンド(クリストフ・ルメール騎手)だった。1着馬に大阪杯(4月1日、阪神)の優先出走権が与えられた。

 角居調教師(デニムアンドルビー=7着)「後ろから行く馬なのでペースが向きませんでした。長いこと頑張ってくれた。(今後はノーザンファームで繁殖入りするが)能力が高い馬なので、いい子供を出してくれそう」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)