馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

【桜花賞・和田が占う】ラッキーライラック最有力は変わらず 未対決の魅力でシンザン記念Vのアーモンドアイが気になる

2018年3月12日6時0分  スポーツ報知
  • チューリップ賞でもライバルを寄せつけなかったラッキーライラック(左)

 3日のチューリップ賞で2歳女王ラッキーライラックが完勝始動を決め、2、3着も昨年暮れの阪神JFの着順が入れ替わっただけ。クラシックが近づいても3歳牝馬路線の勢力図に変化はない。それだけに昨日の東西トライアルでは、速い時計での決着や大勝などといった強調材料が欲しかったが…。

 桜花賞で主力を形成するのは先週のチューリップ賞組。もちろん、最有力は4戦無敗のラッキーライラック。

 3歳初戦はプラス10キロ。本番へおつりを残した仕上げだったが、放牧による馬体の成長も十分。そして、早めに動く形を初めて選択しても後続を寄せ付けなかった。スタートセンスが抜群で、難なく好位から運べる機動力と舞い上がることのない精神力の強さ、さらに肉体の成長も加えて進化を遂げている。

 トライアル完勝の6日後には乗り込みも再開。極端にもまれた経験がないことだけが心配だが、このまま無事に調整さえできれば。

 チューリップ賞の2、3着馬がライバルだが、ともに阪神JF以上に着差をつけられての敗戦だけに逆転の目はどうか。未対決の魅力はアーモンドアイ。牡馬相手のシンザン記念を圧巻の末脚で差し切った関東馬が気になる。(和田 伊久磨)

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)