馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 福島

【皐月賞・田中歩の馬と歩もう】ステルヴィオ◎! 2週連続ロードカナロア産駒のG1Vにかけます

2018年4月15日12時0分  スポーツ報知
  • 海外の競馬場でパチリ。世界を駆け回る田中歩アナはステルヴィオに◎

 ◆第78回皐月賞・G1(15日・芝2000メートル、中山競馬場)

 先週の桜花賞で好調だった報知の“UMAJO軍団”が、今週の皐月賞・G1(15日、中山)でも連続的中を目指す。先週▲◎★で馬連、3連複を的中させたコラム「馬と歩もう」の田中歩アナはステルヴィオに◎を託した。

 こんにちは! 先週の桜花賞はアーモンドアイが強烈なインパクトを残し、桜の女王に輝きました。2着のラッキーライラックも力を出せたのではないでしょうか。

 さあ、今週は皐月賞! 実は今、あるお仕事で海外に来ています。様々な刺激を受けている毎日ですが、先週に続く的中を狙う本命はスプリングSを勝ったステルヴィオ。その今年初戦は上がり最速で差し切り、明らかに変化を感じたレース内容でした。美浦・Wコースでの最終追いでは馬なりで併入。数字は派手でなくとも、負荷がかかって好印象でした。1週前追い切りにまたがったルメール騎手は「緩さが取れ、自ら手綱を執るようになった」と成長力に太鼓判。距離延長は歓迎で、2週連続となるロードカナロア産駒のG1Vにかけます。

 対抗はジャンダルム。キトゥンズジョイを父に持つ世界的良血馬は、2週前に栗東・CWコースで上がり11秒4を出し、最終追い切りでも同タイムをマーク。鞍上の武豊騎手からは「これまでで一番の調教」と自信のコメントもありました。昨年のホープフルS(2着)、前走の報知杯弥生賞(3着)でコース適性を実証済み。3回目となる舞台でチャンスは十分にあるでしょう。

 3番手は関東馬のジェネラーレウーノ。気性面にまだ幼さを見せていますが、中山・芝2000メートルで2戦2勝。美浦・Wコースの最終追い切りでは田辺騎手のアクションに応えて2馬身先着しました。道悪はむしろ歓迎で、そのスタミナとパワーで他馬を脅かす存在となりそうです。(フリーアナウンサー)

 【田中歩アナの印】

◎(15)ステルヴィオ

○(3)ジャンダルム

▲(10)ジェネラーレウーノ

★(9)オウケンムーン

△(2)ワグネリアン

△(6)アイトーン

 ◆田中 歩(たなか・あゆみ)茨城県出身。大学卒業後、客室乗務員を経てフリーアナウンサーに転身。現在、南関東地方競馬チャンネルのキャスターとして出演中。父は美浦の田中剛調教師。昨秋はG1・12レースで6レースを的中させた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)