馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

【オークス】桜花賞で初黒星のラッキーライラック、2400メートルで逆転狙う

2018年5月15日6時0分  スポーツ報知
  • 追う立場になったラッキーライラックと逆転を信じる丸内助手

 ◆第79回オークス・G1(20日・芝2400メートル、東京競馬場)

 牝馬クラシック第2弾の第79回オークス・G1(20日、東京)は、桜の女王に輝いたロードカナロア産駒アーモンドアイと、同レース2着に敗れ、初めて土がついたオルフェーヴル産駒ラッキーライラックが再激突する。10年の3冠牝馬アパパネを管理した国枝栄調教師(63)=美浦=は史上14頭目の春牝馬2冠に向け、自信たっぷりのムードが漂う。一方、雪辱を期す2歳女王の陣営は距離延長での逆転を狙っている。

 ライバルに借りを返して世界へ。ラッキーライラックは桜花賞では後方からアーモンドアイに強襲され、デビューから4連勝で止まったが、力負けではないと陣営はみる。「マイルを1分33秒台で走るなら最初の1000メートルを1分で走って残り3ハロンを33秒台、もしくは59秒で走って残りを34秒台で行くしかない。この馬自身、58秒9で走って上がりは34秒5。あれで末脚が鈍ったと言われたらかわいそう」と担当の丸内助手は分析。全休日明けの栗東トレセンで取材陣を前に負けて強しの内容だったと説明した。

 昨年の最優秀2歳牝馬は前回、単勝1・8倍、最内枠と厳しい条件が重なった。「G1で1番人気だと普段と同じことができなくなる。かなりのハイペースを番手からプレッシャーを受けながら進めて、普通なら負けパターンのところを踏ん張ったのだから相当強い。勝ち馬は最初の1000メートルを約1分で走って上がり33秒2だから、できないことをされて負けたわけではない。そこまでの化け物ではないと思う」と丸内助手はマークが軽減される今回、付け入る隙はあると読む。

 松永幹調教師は騎手時代の91年、1番人気の桜花賞で初黒星(5着)となったイソノルーブルでオークスを制覇。調教師としては09年にレッドディザイアで挑み、ブエナビスタの豪脚の前に鼻差2着だった。9年ぶりの樫の舞台となるトレーナーは「もともとスタミナ型と思っていました。石橋騎手は桜花賞でも上手に乗ってくれています。お父さんのオルフェーヴルがダービーで強い勝ち方をしたので、2400メートルで良さが出ると思います」と秘めた能力が発揮されると信じる。

 登録をした仏G1・凱旋門賞(10月7日、パリロンシャン競馬場)に進むためにも、まずは日本で壁を乗り越える。(内尾 篤嗣)

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)