馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

【ユニコーンS展望】全日本2歳優駿覇者のルヴァンスレーヴが中心

2018年6月10日21時20分  スポーツ報知
  • ユニコーンSの登録馬。*騎手は想定

 第23回ユニコーンS・G3は6月17日、東京競馬場のダート1600メートルの舞台で行われる。

 なかなかの好メンバーがそろったが、全日本2歳優駿覇者のルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)が中心。休み明けの前走、伏竜S(中山)は2着に敗れたが、一度叩いて気配は上昇。左回りの走りはよりスムーズで直線、差し脚を伸ばしてくる。

 青竜Sでスマハマを破ったグリム(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎)が続く。ここにきてラストの脚に迫力が出ているうえ、晴雨兼用も心強い。

 鳳雛S1~3着のハーベストムーン(牡3歳、栗東・浅見秀一厩舎)、グレートタイム(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)、コマビショウ(牡3歳、栗東・南井克巳厩舎)なら、スローで完全に脚を余したグレートタイムの末脚に最も魅力を感じる。

 端午Sワンツーのバイラ(牡3歳、栗東・川村禎彦厩舎)、タイセイアベニール(牡3歳、栗東・西村真幸厩舎)もともに末脚自慢で注意が必要。

 NHKマイルC(11着)からの参戦もダートは底を見せていないリョーノテソーロ(牡3歳、美浦・武井亮厩舎)、UAEダービー(8着)帰りのルッジェーロ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)、ダート2戦2勝のレピアーウィット(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)、デビュー以来、馬券圏内を外していないシヴァージ(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎)の安定感も捨てがたい。(大上 賢一郎)

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)